おでかけ

潮干狩り【服装や持ち物】役にたった物を紹介!

子連れで潮干狩りに行ってきました!

潮干狩りの持ち物や服装、悩みますね。

必要最低限にしようとしても荷物いっぱい(^^;)

実際に持っていって役に立った物や服などをご紹介します!

今回私が持って行って良かった物、第1位は座れるバケツです!

詳細は潮干狩りの持ち物、あれば快適な物に書いてます。

潮干狩りの服装

まず、汚れてもよい物を選びましょう。

オススメの服装は・・・

①薄い長袖の上着

②ゆったりしたズボン(ハーフパンツか裾がまくれる物)

③マリンシューズ

④つばの広い帽子(あご紐付き)

※子供は濡れる前提で水着の方がおすすめです

①薄い長袖の上着

潮干狩りシーズンは日差しや紫外線が強いです。

日焼け防止の為に長袖がおすすめ。

Tシャツなどの上に上着を着ると良いでしょう。

4月~5月は寒暖差がありますが、肌寒い時は防寒用に薄いウインドブレーカー暑い時期は薄くて風通しの良い長袖がおすすめです。

水着に着替えるなら、濡れる事を気にしなくて良いラッシュガードも快適です!

 

②ゆったりしたズボン(ハーフパンツか裾がまくれる物)

ズボンは濡れないようにハーフパンツや裾がまくれる物が良いです。

そして全体的にストレッチが効いていたり、少しゆったりした物がおすすめ。

しゃがんで貝を探すのでウエストがきつかったりすると結構しんどいです(笑)

膝下も焼けたくない!という方はラッシュトレンカなどで防御しましょう。

 

子供用に購入しました。カワイイ柄や色がいっぱい!

 

③マリンシューズ

靴はマリンシューズがオススメ。

特に子供にはマリンシューズが良いです

ビーチサンダルや普通のサンダルで行こうかとも思ったのですが・・・


わかりにくいですが、この画像のように階段に貝殻がびっしりとこびりついている場合もあります。

サンダルなどが脱げた場合、貝で足を切ったりケガをしてしまいます。

浜辺も貝殻がたくさんでとても裸足で歩けない状態なので、なるべく脱げなくて歩きやすいマリンシューズをおすすめします。

迷って直前に購入しましたが、これは本当に買って良かったです。

マリンシューズはこちらを楽天で購入しました。サイズが20~28まであるので親子でお揃いにできます。発送も早くて助かりました(^^)

 

④つばの広い帽子(あご紐付き)

首や耳も焼けないようにつばの広い帽子がおすすめです。

海辺は風が強い事が多いのであごひもがついていた方が、なお良いです。

実際に購入したアウトドア用ハット。撥水、前後メッシュ、首にサンシェード、あごひも付き。

 

潮干狩りの持ち物

必需品

①熊手、スコップ、網、バケツ

②タオル

③軍手・ゴム手袋

④ビニール袋

⑤ドリンク

⑥クーラーボックス

※子供の場合は着替え

①熊手、スコップ、網、バケツ

熊手やスコップは貝を採るのに必要。網やバケツは採った貝を入れておくのに必要です。

熊手、スコップ、網がセットになった商品をダイソーで購入しました。

¥250。



使用後の画像ですみません。熊手とスコップの他に貝を入れるネットもセットでした。

充分に使えます!

個人的に熊手よりもスコップの方が貝を探しやすかったです。熊手はスコップより扱うのに力が必要で、子供はスコップで貝を探していました。

※熊手などの道具をレンタルできる潮干狩り場もあるようなので、レンタルしたい場合は事前に確認しましょう。

②タオル

濡れた手足や汗を拭いたり、道具を拭いたりするのに必要。

首にかけておけば日焼け防止にもなります。

 

③軍手・ゴム手袋

貝で手を怪我しないように、軍手やゴム手袋の着用がおすすめ。

普通の軍手は海水でベタベタになる可能性があるので、気になる場合はゴム手袋を持参しましょう。

 

④ビニール袋

濡れた服や、軍手、持ち帰る貝を入れたりゴミを入れたりと何かと必要。

 

⑤ドリンク

熱中症にならないようにスポーツドリンクなど飲み物を用意して、こまめに摂取しましょう。

 

⑥クーラーボックス

貝を持ち帰るのに必要。

ダイソーで購入しました。

¥150。

350ml缶が6本入るサイズです。

このダイソーのクーラーボックス、期待以上の活躍でした。

朝7時に小さめ保冷剤を6個入れ出発、貝を14時頃に入れ、19時頃に帰宅。

帰宅後、保冷剤が凍ってはいませんでしたが、貝は充分に保冷されていました(^^)

あれば快適な物

①アウトドア用の小さいイス

②テント・レジャーシート

③日焼け止め

④絆創膏

⑤塩

①アウトドア用の小さいイス

潮干狩りはしゃがみ込んでの作業です。

ずっとこの姿勢は大人には結構辛い(^^;)

折りたためるアウトドア用の小さいイスがあればおすすめですが・・・・

座ると砂浜に沈み込むので少し不安定になります。そこで、是非オススメしたいのがこれ!!

このバケツ!!

 

座れます!しかも耐荷重150kg!スゴい。

面で支えているので、座っても砂浜に沈み込みにくい!

これに座って作業していたので快適!

あるのと無いのではかなり違います。

おかげで筋肉痛にもなりませんでした。

 

このバケツ、大きさがminiサイズ~LLサイズまでありますが、地面で作業する潮干狩り用にはminiかSサイズがおすすめ。

子供や女性ならminiサイズで充分です。

北欧風の可愛いカラーが多くて、潮干狩りの後はインテリアとしても◎。

その他に、小物入れ、ゴミ箱、ガーデニング用、キャンプなどなど様々な事に使えます。

これは本当に買ってよかったです(^^)!

 

 

②テント・レジャーシート

あれば日よけになったり、休憩するのに便利。

 

③日焼け止め

4~5月の紫外線は強いです。

日焼け止めを塗って日焼け対策しましょう。

 

④絆創膏

貝殻で怪我をしてしまう事もあります。

用意しておいた方が良いでしょう。

 

⑤塩

塩はマテ貝採集用。

潮干狩りに行く場所にマテ貝がいるなら、塩を(調味料入れなどの先の細い容器に入れて)持って行きましょう。

マテ貝を採るには塩を利用します。

 

まとめ

潮干狩りにおすすめの服装や、持ち物をまとめました。

事前の準備もワクワクして楽しいものですね。

今回の潮干狩りで用意して良かった~と本当に実感したのは、座れるバケツとマリンシューズです!

しっかり用意して、潮干狩りが快適で良い思い出になりますように(^^)!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です